当ブログのWordPressテーマはこちら公式サイト

YouTubeの動画編集をMacでやるならPremiere一択

Macの動画編集
お悩みちゃん

YouTubeの動画編集をMacでやりたいんだけど、どの編集ソフトでやればいいか分からない。

そんな悩みを解決します。

この記事の信憑性

これまでYoutubeも含めた、数多くの動画編集をやってきました。
WindowsもMacも両方使用しているので、多方面からの視点で解説していきます。

Youtubeの動画編集をMacで行う場合、編集ソフトの候補としては「iMovie(無料)」,「Final Cut Pro(有料:買い切り)」,「Premiere Pro(有料:月額)」の3つが挙げられます。

結論を先に言うと、MacでのYoutube動画編集には、「Premiere Pro」が適しています。

つばさ

人によっては「Final Cut」のほうが良い場合もありますが、Macに標準インストールされている「iMovie」で動画編集をするのは結構厳しいです。
それについても後ほど詳しく解説します!

まだMacを持っていない方は

まだMacは購入検討中の方は、「動画編集に必要なMacのスペックとは?」の記事から自分に最適なMacがわかるので参考にしてください。

目次

YouTubeの動画編集をMacでするなら「Premiere Pro」が最的な理由

premiere編集画面

Premiere Pro(プレミアプロ)は、Adobe社が提供する動画編集ソフトです。
現在ではCreative Cloud(クリエイティブクラウド)という月額制クリエイティブサービスの一部ソフトとして提供されています。

このPremiere(プレミア)は歴史のある動画編集ソフトであり、多くのYoutuberや動画編集を仕事にしている方々が使用しています。

Premiere(プレミア)ユーザー例

Youtuberプロダクション「UUUM」
※HIKAKIN、はじめしゃちょー、東海オンエア、水溜りボンドなど

つばさ

それでは、なぜおすすめなのか詳しく解説していきます!

Premiere(プレミア)が優れている理由5選

メリット一覧

Youtubeの動画編集に最適な理由は以下のとおりです。

プレミアの凄いところ

  • できない事がない
  • 操作が分かりやすい
  • 他ソフトとの互換性が良い
  • テンプレートやエフェクトが豊富にある
  • Windowsとも共有できる

1. できない事がない

テロップやエフェクトの自由度と拡張性が高く、色補正や音の調整も簡単にできます。
切り抜きも自在にできるので、背景合成やゲーム実況のようなワイプ編集もお手の物です。

2. 操作が分かりやすい

できる事が多い=操作も難しいと思う方がいると思いますが、さすがのAdobe製品。
基本的な操作がとても分かりやすく簡単です。

3. 他ソフトとの互換性が良い

Adobe Creative Cloudのソフトとは基本的に全て互換性があります。
イラストレーターやフォトショップで作った図やバナーなどもそのままドラッグで使用でき、CGや音楽もAdobeのソフトで作成した物をそのままPremiereに使用できます。

4. テンプレートやエフェクトが豊富にある。

Premiere(プレミア)はユーザーが多く、沢山のテンプレートや文字装飾やエフェクト・フィルターが作成され、ネット上で公開されています。

5. Windowsとも共有できる

PremiereはMacだけではなく、全てのPC共通のソフト。
自宅と出先でPCが違う場合や、買い換えた場合も引き継いで使用ができます。
クライアントがいる方は納品する際もPremiereだと喜ばれます。

つばさ

ただ、注意点もあるので、引き続き解説していきます!

注意点:Premiere(プレミア)のデメリット

デメリット一覧

Premiere(プレミア)は最高の動画編集ソフトですが、デメリットが2つあります。

  • 値段が高い
  • PCのスペックが必要

1. 値段が高い

Final Cutが36,800円に対して、Premiere(プレミア)はAdobe Creative Cloudというパッケージソフトで月6,000円程なので少し高く感じるかもしれません。

ですが、Youtubeの編集を予定しているのであれば、サムネイルの作成や動画内に図を入れたりと他にも制作物が出てくるでしょう。その際に役立つソフトがCreative Cloudには同梱されています。

つばさ

結果的に色々なソフトやサービスを使うより、安かったり、効率よく作業ができます!

Adobeのソフトがあれば、月6,000円程度ならすぐに稼げます。
ソフトへの投資は収益への近道です。

2. PCのスペックが必要

最近のMac製品なら大丈夫だと思いますが、必要な構成内容についてはAdobe公式ヘルプでご確認できます。

これをキッカケにMacを買おうかなという方は、以前に書いた「最新Macを安く買う4つの方法」という記事を読んでみてください。

つばさ

それでは、「iMovie」や「Final Cut」についてふれていきます!

iMovieやFinalCutがYoutubeの動画編集に最適でない理由

「iMovie」も「Final Cut Pro」もお手軽に動画編集をできる優れたソフトですが、この先Youtuberや動画編集の仕事をしていこうと思う方にはおすすめできません。

つばさ

共通したデメリットと、それぞれのデメリットをまとめてみました。

iMovie・Final Cutの共通デメリット

共通デメリット

共通のデメリットは以下の4つです。

  1. Windowsとの互換性がない
  2. 教材が少ない
  3. ステータスにならない
  4. 他クリエイティブソフトとの互換性がない

1. Windowsとの互換性がない

今後PCを変える場合や、出先と自宅でOSが異なる場合に対応できない。
他社との仕事においても共有が難しい。

2. 教材が少ない

主流はやはりPremiere(プレミアプロ)の為、教材としてネット上でも書籍などでも発信している方が非常に少ないです。

3. ステータスにならない

共通ソフトウェアではない為、「iMovie使えます!」や「FinalCut使えます!」が世間的にステータスになり難く、外部の仕事受注や就職において強みがない。

4. 他クリエイティブソフトとの互換性がない

図や凝ったエフェクトを入れたい時に、他ソフトで作ったものをすぐに使えない。(※書き出せば使えるものもあり。)

その他のデメリット【iMovie】

iMovieの最大デメリットと言えば、自由度がないことです。
具体的に例をあげると、下記のとおりです。

  1. テロップ(テキスト)が自由に入れられない。
  2. レイヤーが2つしかない。(図やテキスト、音楽などを複数入れられない)
  3. 文字装飾やエフェクトに自由度がない

この3つはYoutubeをやるにはかなりのデメリットになります。

つばさ

ペットの動画を簡単に整理したりするくらいなら、動作も軽くお手軽なんですが、実用性は低めです。

その他のデメリット【Final Cut】

Final Cut自体は非常におすすめできるのですが、前述した共通デメリットの他に以下のデメリットが1つあります。

  • Premiereに比べると、細かい部分まで凝れない。
  • Youtubeで差別化をはかりたい場合など、すこし歯がゆくなるかもしれません。
つばさ

でもFinal Cutは動作も軽く、かなり優秀なソフトです。
僕がいつもみているMONOGRAPHの堀口さんという方もFinal CutでおしゃれなYoutube動画を編集しています!

Youtubeの動画編集をMacで行うなら「Premiere」もしくは「Final Cut」

premiereとFinalcut

今回、ご紹介した3つのソフトについての比較表です。

(ソフト名)Premiere(プレミア)Final CutiMovie
自由度・拡張性
操作性
対応OSMac OS , Windows OSMac OSMac OS , iOS
PCの必要スペック
対象初心者〜プロ初心者〜上級者初心者
金額Adobe Creative Cloud 5,680円/月
※単体 2,480円/月 ※セール有り
36,800円無料
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★☆☆☆

「Final Cut」も使いやすくおすすめできますが、この先、Youtubeを頑張って行きたい方や動画編集を仕事にしたい方には「Premiere(プレミア)」をおすすめします。

Premiere Pro まとめ

Premiereのメリット

  • できない事がない
  • 操作が分かりやすい
  • 他ソフトとの互換性が良い
  • テンプレートやエフェクトが豊富にある
  • Windowsとも共有できる

Premiereのデメリット

  • 月額制
  • PCのスペックが必要

AmazonではたまにAdobe Creative Cloud 12ヶ月版を30%OFFほどのセールがあるのでチェックしてみると、さらにお得に「Premiere(プレミア)」を利用できるかもしれません。

または、もっと手軽に動画編集をしたいという方には、「Final Cut」もおすすめです。

Final Cut まとめ

FinalCutのメリット

  • 動作が軽く、PCの必要スペックも高くない
  • 最低限の機能があり、直感的で分かりやすい

FinalCutのデメリット

  • Windowsとの互換性がない
  • 教材が少ない
  • ステータスにならない
  • 他クリエイティブソフトとの互換性がない

どちらも優秀な動画編集ソフトですが、これからYoutuberや動画編集者として活躍していきたいのなら【Premiere(プレミア)】をおすすめします。

【Premiere(プレミア)】なら今後スキルが伸びてきたあとも、満足する機能が完備され、ステータスとしても自分にプラスになるでしょう。

\ 12ヶ月分コードがお得!! /

Macの動画編集

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる