AirTagがTileに負けている3つのコト。購入するならどっち?

AirTagがTileに負けている3つのコト。購入するならどっち?

Appleより、待望の探しものトラッカー【AirTag】が発売されましたが、AirTag以前に探しものトラッカーはすでに多くのメーカーから商品が発売されています。

「よくモノを失くすからどうにかしたい。」と調べた人なら一度は【Tile】という商品を目にしたことがあるのではないでしょうか?探しものトラッカーと言えばの【Tile】と、新たに登場した【AirTag】を実際に比較して徹底レビューしていきます。

お悩みちゃん

Tileよりいいの?
すでにTileを持ってるけどAirTagを買う必要ってある?

こんな疑問を本記事で解決してきます。

この記事でわかること

  • AirTagのいいところ
  • AirTagの惜しいところ
  • Tileとの比較
  • あなたにはAirTagとTileどっちがあってるか?
ばく

それでは本題に入る前に、AirTagとTileで悩んでいる方は下図の質問に答えて、どっちがあなたに合っているか見てみよう!

あなたに合う「探しものトラッカー」がわかる質問
目次

AirTagの製品仕様と注意点

AirTagの製品仕様と注意点

AirTagは失くしてしまった持ち物をお使いのiPhoneやiPadから探すことができる魔法のアイテム。
大切なものに付けて使います。

ばく

まずは、製品仕様とAirTagの強みを解説。
(すでに分かっている人は次に飛ばしてください。)

AirTagの仕様

サイズと重量直径 : 31.9 mm , 厚さ: 8mm , 重量11g
耐久機能防沫、耐水、防塵
(最大水深1メートルで最大30分間)
接続Bluetooth , NFC
スピーカー内蔵
バッテリーCR2032コイン型電池(交換可能)
センサー加速度センサー
互換性iOS 14.5以降のiPhoneおよびiPod touch
iPadOS 14.5以降のiPad

引用元:【Apple公式 – AirTag】より

ばく

ここで要注意なのはAndroidユーザーの人は残念ながら、使用できないので、やはりTileやMAMORIOなどの商品が選択肢になります。

AirTagのココがすごい3選

AirTagが他メーカーの探しものトラッカーより優れている点は大きく3つ!

  1. 設定のしやすさと、純正アプリで完結
  2. UWBによる超正確な位置確認
  3. 数億台のAppleデバイスが追跡のお手伝い
ばく

それぞれ解説していきます!

ココがすごい①:設定のしやすさと、純正アプリで完結

設定のしやすさと、純正アプリで完結
KeysやWalletなど付けるモノの名称もデフォルトで用意されていますが、Custom Nameでお好きな名前にできます。

Appleデバイス専用ということもあり、設定は30秒で完了。
iPhoneとAirTagを近づけるだけでペアリングができます。

実際にAirTagの位置を確認する方法は、純正アプリ「探す」に統合され、すぐにAirTagの位置を確認できます。

探すアプリ

ココがすごい②:UWBによる超正確な位置確認

Tileなどの他メーカー品の場合、だいたいの位置情報と音での確認しかできないが、iPhone11以降で最新OSにしていると、さらに正確な情報を方向と距離で教えてくれます。

AirTagの正確な位置確認
ばく

財布の中に入れていてもしっかり場所を教えてくれます!
(ただ、近づくと手に微細な振動が。痺れてるような感覚になって変な感じ…)

ココがすごい③:数億台のAppleデバイスが追跡のお手伝い

自分以外のiPhoneやiPadなどのデバイスが、紛失したAirTagの側を通りすがると、「ここにあったよ!」と位置情報を更新してくれます。

ばく

日本人の7割がiPhoneユーザーなので、全国どこでも見つかる安心感。

また、事前に登録していたメッセージや連絡先を読み取ってもらうこともできます。

紛失モード


上記のメッセージはAndroidでもNFCで読み取ることができるので、心優しい人から連絡がくることもあるかもしれません。

AirTagとTileを比較して感じるおしいポイント3選

非常に高性能なAirTagですが、Tileと比べたときに「おしいな!」と感じるポイントが以下の3つありました。

  1. 厚みと重量
  2. キーホルダーとして使うには別途アクセサリーが必要
  3. 双方向性トラッキングがない
ばく

それぞれ解説していきます。

ココがおしい①:厚みと重量

TileとAirTagのサイズ比較

平面としての面積はTileのほうが大きいが、わずかにAirTagよりも薄くて軽い。

仕様比較AirTagTile
直径直径31.9 mm35×35 mm
厚さ8 mm6.2 mm
重量11 g7 g

AirTagを財布に入れたい場合は注意が必要かもしれません。キャッシュレス時代のコンパクトな財布を使っている場合は、購入前に硬貨を4・5枚重ねて試してみましょう。

ココがおしい②:キーホルダーとして使うには別途アクセサリーが必要

Tileは本体にストラップ用の穴があるので、キーホルダーとしても使えるが、AirTag本体に穴はなく、表面も球体のため、粘着テープでの固定も難しいです。

そのため、鍵や鞄につける際は別途アクセサリーが必須。
純正もいいですが、値段も抑えつつ個性を出したいのであれば、他製品がおすすめです。

ばく

僕はCYRILLというSpigenの子会社メーカーの商品を購入しました。

ちなみにTwitterのフォロワーさんに教えてもらったNOMADのアクセサリーがイケてました。
海外発送で到着が遅れるので今回は諦め。

nomad airtagアクセサリー
ばく

用途によってはアクセサリーが必須なため、費用面では圧迫してしまうけど、オシャレを楽しめる点ではイイ。

ココがおしい③:双方向性トラッキングがない

TileはスマートフォンからTileを探すだけではなく、近くにあればTileからスマートフォンを鳴らすことができます。

ばく

AirTagにもこの機能は欲しかった。
つまり、肝心なiPhoneを失くしてしまったら

しかしApple WatchからはiPhoneを鳴らすことができます。
Appleデバイスで身を固めれば怖いものなし。

ものを探すことにおいてはAirTagのほうがTileより圧倒的に優れている。

モノを探す仕組みとして、近場のモノはBluetoothで探し、離れているモノは同製品ユーザーからの自動報告(メッシュネットワーク)となります。


Tileはユーザー数をカバーするためにアクセスポイントを多く構えているが、都心部限定。
対して、全国のiPhoneシェア率は約7割。

ばく

地方住まいでTileが見つかる可能性は低そう。
【Apple製の探しものトラッカー】ということに大きな意味があります。

性能比較AirTagTile
トラッキング精度Bluetoothによる位置情報
U1チップによる10cm単位での方向と距離確認
Bluetoothによる位置情報
コミュニティサーチ
(メッシュネットワーク)
数億台のAppleデバイスユーザー数非公表
タクシーと駅のアクセスポイント(東京のみ)

どちらもおおよその位置情報と音での確認は取れるが、Tileは家の中にあるのはわかっても、AirTagのように家のどこにあるかまではわからない。散らかった部屋や暗所、草むらなどに落とした際は、AirTagのほうが心強い味方になってくれます。

【まとめ】こだわりが無ければ、iPhoneユーザーはTileよりAirTag!

【まとめ】こだわりが無ければ、iPhoneユーザーはTileよりAirTag!

iPhoneユーザーなら、サイズや見た目・価格などで「どうしてもTileがいい!」っていう人以外は、全国どこでも力を発揮するAirTagがおすすめです。

ばく

まだ失くしものはしてないけど、今年のベストバイに入りそうな予感です。

過去のベストバイは【別記事:買ってよかったもの】にまとめているので、あわせてお読みいただけると嬉しいです。

【おまけ】トクするAirTagの購入場所と買い方

現在、AirTagを購入するなら、5%ポイントが還元されるAmazonが一番お得です。

Amazonギフトチャージして、ギフト残高で購入するとさらに最大2.5%ポイント還元!

Apple(アップル)

さらに1つ3,800円ですが、4つだと12,800円。ここから5%ポイント還元なので、まとめ買いで実質3,040円お得になります。

ばく

家族や友人とまとめ買いして分けるとお得にゲットできますね!

AirTagがTileに負けている3つのコト。購入するならどっち?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる