【初心者必見】SEO的にNGなブログの書き方5選。

seoに良くないブログの書き方5選
[st-kaiwa2]

ブログを始めたばかりなんですが、これはやってはいけない書き方とかってありますか?
後々、全ての記事を修正なんてなったら心が折れちゃいます。

[/st-kaiwa2]

そんな疑問にお答えします。

この記事を読んでわかること

  • やりがちなSEOに良くない記事の書き方。
  • 既に良くない書き方をしている場合の対処方。

多くのブロガーさんが、記事を書く構成や書き方について説明してくれていますが、やってはいけない書き方はあまりまとめられていせん。

僕の場合、あとあとダメな書き方と知り、全ての記事をリライト(修正)することになったものもあります。

僕のような悲しいミスをする人が少しでも減るように、記事作成でSEO的にやってはいけない(NGな)書き方をまとめました。

目次

意外とやりがち!NGなブログの書き方とは

普段なにげなくブログを書いていると思いますが、正しい書き方はできていますか?
後々、間違ったやり方や抜け落ちていることが見つかったとき、リライトはとても大変です。
僕がブログ運営をはじめて後から気づいたミスを5つまとめました。

SEO的にやりがちなミス5選

  • 見出しタグの順番と使い方が正しくない
  • storongタグによる太字を使用している
  • まちがったい改行方法(スペース空け)
  • 必要な箇所にKWが入ってない
  • 画像のaltが抜けている
[st-kaiwa1]

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

[/st-kaiwa1]

1.見出しタグの順番と使い方が正しくない

hタグとは、記事を読むユーザーへ構成内容を伝える役割や、検索エンジンにキーワードをアピールする役割を持っています。

正しく使えてない一番の要因として、見た目の装飾として使っていることです。
NG例と共にご確認ください。

見出しタグは【h2→h3→h4】の順番が守られていない

見出しタグ正しい順番

見出しタグは装飾ではなく、記事構成を示すものです。
ルールにのっとり使用しましょう。

見出しタグと見出しタグの間を空にしている

まちがった見出しタグの使い方

タグとタグの間が空の状態はSEOによくありません。
せめてテキストで2,3文入れるか、h2にまとめてしまいましょう。

[st-kaiwa1]

これは僕やっちゃってました…

[/st-kaiwa1]

無駄に見出しタグを増やしている

見出しタグを簡潔にまとめる

膨大な文字数でない限りは、h3程度でおさめましょう。
無駄にh4くらいまで使用してしまうと読者からしても複雑に思われてしまいます。

h3タグが一つしかない

不要な見出しタグを使わない

h3タグが一つしか使われていないということは、h2タグで完結できる内容ということです。
無駄に小見出しを増やさず、簡潔にまとめましょう。

2.strongタグによる太字を使用している

気をつけるべき太字設定

みなさん太字ってよく使いますよね?
ちょっとhtml表示で見てみてください。
strongタグになっていませんか?

好ましくない太字表記

実はstrongタグは見た目の装飾ではなく、検索エンジンに向けた強調です。
このstrongタグの多用はスパム判定になる可能性があり、ペナルティが発生する場合もあるそうです。

解決策:CSSで太字にしよう

正しい太字の表記方法
上記のCSS表記で解決!

CSSは見た目の装飾に使用するものなので、SEOへの悪影響はありません。
WordPress編集画面のスタイルより太字にしましょう。

CSSによる太字

一記事あたり、3つ程度ならstorongタグによる太字も問題ないようですが、一度これまでの記事を確認してみましょう。

3.まちがった改行方法(スペース空け)

行間のスペース空けはどうのように行っていますが?
ここでSEO的に好ましくないものとして、以下の2点です。

  • brタグの連続使用によるスペース空け。
  • pタグ内に「 」でのスペース空け。

brタグの連続使用は文から文の改行の為に使用するものなので、スペース空けには適していません。

「 」においてはpタグ内が「空」にする意味なので空の状態をタグで囲うのは好ましい表記ではありません。

解決策:CSSもしくはスペーサーブロックで行間をあける。

WordPressテーマによっては行間設定ができるものもありますが、CSSで指定するのが一番適しています。

css

.entry-content p{
margin-bottom: 3em;
letter-spacing: 1px;
}
[st-kaiwa1]

ピクセル幅はお好みです!

[/st-kaiwa1]

4.必要な箇所にKWが入ってない

最初にキーワード選定をしていると思いますが、そこで終わっていませんか?
以下の場所にしっかりとキーワードを組み込んでいるか確認しましょう。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • タイトル
  • 見出し
  • ディスクリプション

[/st-mybox]

ただし、入れ過ぎも注意です。
自然に伝わるように入れ込みましょう。

5.画像のaltが抜けている

alt属性の記載場所

記事にしようしている画像には全て、Alt(代替テキスト)はいれていますか?
Alt属性は検索エンジンのクローラーへどのような画像が使用されているか伝える役目もありますので、しっかりと入れましょう。

もちろん日本語で問題ありません。
複雑にならないよう、簡潔にまとめましょう

間違ったブログの書き方を見直して、SEOに強いブログにしよう

以上が、僕もやらかしていたSEO的に好ましくないブログの書き方です。

まとめ

  • 見出しタグは装飾ではない
  • 太字はCSSで適用させる
  • スペース空けもCSSで適用させる
  • タイトル・見出し・ディスクリプションにKWを組み込む
  • 画像のAlt属性はなるべく入れる

さらに、SEOに強く、読者に優しいライティングを極めたい方には、沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—の本が間違いなくオススメです。
多くの有名ライターやSEOコンサルにも評価されている信頼の1冊です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる